飲食店の防犯対策として隠しカメラが威力

飲食店も色々な犯罪と隣り合わせで隠しカメラが必須

飲食店も色々な犯罪と隣り合わせ!

 

飲食店は金銭を扱うだけに、強盗もありえますし、泥棒もありえますので、防犯の観点から、しっかりと防犯カメラを設置すべきです。

 

しかし、飲食店の場合、頻繁に出入りするお客さんとの兼ね合いもありますので、やはり防犯カメラを設置する場合は注意して設置すべきでしょう。

 

 

 

ではどういったポイントに注意して設置すべきでしょうか。

 

お客さんはプライベートを満喫している場所なので、映ったら困る人もいてます。
そのため、不必要な場所まで映さないように、なるべく撮影範囲ははっきりさせて顧客を映さないように努力すべきでしょう。

 

犯罪が起こり得る場所は限られていますから、カメラもピンポイントで設置すべきです。

 

 

また、夜間閉店後の防犯対策には、プロの警備会社とのセキュリティ契約が確実です。
現在では1ヶ月格安の契約で出来ますので、考えても良いかなと思います。

 

>まずはセキュリティ会社の無料資料請求

 

 

 

従業員の金銭盗みが抑止されます

オーナー・店長さん レジの金額合いますか?

 

防犯・隠しカメラ設置お店を長年営業していますと、時々レジ金額の照合で合わないときがあります。

 

釣銭間違いかも知れませんが、よくあるのが従業員による盗み? 内部犯行が多いですね。

 

これの解決には、従業員に分かるように監視カメラを設置するだけでピタリと金額が合うようになります?

 

 

カメラが盗みの抑止になるのですね。

 

 

飲食店の防犯対策 | 隠しカメラが威力を発揮

 

店内の雰囲気を損ねないデザインでお客様に威圧感を与えません。
リモコンでデータ確認ができ、設定変更も可能です。

 

【屋内赤外線暗視カメラ】 赤外線LED USB接続 ドーム型 オンロード (OL-023) 24時間常時録画 暗視撮影 簡単設置

【屋内赤外線暗視カメラ】 赤外線LED USB接続 ドーム型 オンロード (OL-023) 24時間常時録画 暗視撮影 簡単設置

【屋内赤外線暗視カメラ】 赤外線LED USB接続 動体検知録画 24時間常時録画 暗視撮影 簡単設置

 

飲食店に限りませんが、すべてのビジネスで考えておかなければいけないリスクのひとつに「従業員による不正」があります。

 

「うちに限ってそんなことはない」と思いがちですが、このリスクにはしっかりと向き合う必要があります。

 

もし対策をしないまま放置しておけば、「万が一」のときに大打撃を受けてしまいます。

 

>> もっと詳細を見る <<