飲食店が売上アップする様々な方法

売上アップの公式は比較的に簡単なんです

みなさん売上げを上げるために、どんな行動をしていますか?

 

飲食店 繁盛・ただ元気よく大声をあげる!

 

・店舗外でチラシをまき散らして、広告費を使う

 

・接客に力を入れる

 

・料理の格上げをする

 

本当にこれで売上げが上がるのか、またどれだけ上がるのか分かりにくいですネ。
売上をアップするためには公式があるんです。

 

売上=客数×客単価×来店頻度

 

この公式は、飲食店だけに限らず、他のビジネスにも使える公式です。

 

 

今年は、前年対比130%が目標だ!
最低でも20%アップでと言われても、どうしたら達成できるのか解りにくいです。

 

 

 

※一例として、1日単位に細分化すると

◆客数を10%アップ → 50人であれば、あと5人増やせば

 

◆客単価 2,000円を2,200円は、もう一品

 

◆来店頻度 月2回の来店であれば、2.2回

 

このようにして書くと、10%アップはわずかな事で、それで、売上げが130%であれば、すごいことです。

 

何事も、トータルで考えるのではなく、細分化して最後にまとめることです。

 

 

思うようにお店の客数アップが出来ていますか?

客単価アップ対策!

 

飲食店街現在は、小さな街にも多店舗展開をする居酒屋チェーンが出店し、さまざまな統計を見ると、小さな個人営業の居酒屋は、どんどん少なくなってきています。

 

また、ここ数年、ファミレスやラーメン店チェーンでも、飲酒客を取り込むための品揃えを強化し、牛丼、コンビニ、ファストフード、立ち食い蕎麦チェーンなどが、続々と、ちょい飲み市場に参入して来るなど、異業種からのライバルも増えています。

 

これからの時代は、客数アップに加え、来店していただいたお客様に、なるべく多くのお金を使っていただく、つまり客単価アップ対策の比重を大きくしていくことが、より重要になりつつあるのです。

 

 

繁盛へのヒントを得て勝ち組になりましょう!

 

↓ ↓

 

繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科